飲食店のウォーターサーバー事情と注意点

レストランで最初に飲み水が提供されるのは日本では当たり前のサービスです。一昔前では普通の水道水をお客様に提供することは当たり前でしたが、日本人の水への意識が高まってきている現代では水道水を提供しているというだけで非難される可能性もあります。

こうした背景からお客様に提供する飲み水としてウォーターサーバーを導入する飲食店が増えています。

常連客で賑わうような小さなラーメン屋のようなお店では例外ですが、特にチェーン店のように小綺麗さが求められ客層も多岐にわたるようなお店ではウォーターサーバーを導入し、お店によってはキッチンではなく客室空間に設置してセルフサービスで提供していることもあります。
一見すると客室空間に設置するなんてと感じられるかもしれませんが、水への意識が高まっているからこそこのお店は水にもきちんと配慮していると評価してもらえます。


また、客室空間にウォーターサーバーを設置することでスタッフの仕事が減り、スムーズに料理の提供を行うことができます。



これによりお客様の回転率が上がり売上の向上が期待できる可能性があります。


しかし、ウォーターサーバーの導入と維持にはスペースとコストがかかります。



特に飲食店であれば消費量も大きくなりますので、かかるコストも見逃せないものとなり予備のボトルの保管場所もそれなりの広さが必要です。



同時に、予備を切らすわけにはいきませんので計画的な管理という業務が必要になることには注意が必要です。